Area D 異能領域 打ち切り, 夜に駆ける 吹奏楽 曲紹介, 株式会社roland Group Hd, 小宮 有紗 仮面ライダー, 藤井聡太 ツイッター 北の母, 仙台市 中学 新人 戦 陸上, 米津玄師 Amen 歌詞, 天頂の囲碁7 Zen 機能, " /> Area D 異能領域 打ち切り, 夜に駆ける 吹奏楽 曲紹介, 株式会社roland Group Hd, 小宮 有紗 仮面ライダー, 藤井聡太 ツイッター 北の母, 仙台市 中学 新人 戦 陸上, 米津玄師 Amen 歌詞, 天頂の囲碁7 Zen 機能, " />

ラインハルト ハイドリヒ ジルケ ハイドリヒ

2020.12.15
その後、ソ連では赤軍大粛清が吹き荒れ、大佐以上の高級将校65%が粛清された[78]。, ハイドリヒは、これを自分の工作活動の成果としてカナリス提督率いるアプヴェーア(国防軍諜報部)を出し抜いたと得意げに触れまわった。この一件以来、アプヴェーアとSDの反目は決定的になったといわれている[79]。 Amazonでロベルト・ゲルヴァルト, 宮下 嶺夫のヒトラーの絞首人ハイドリヒ。アマゾンならポイント還元本が多数。ロベルト・ゲルヴァルト, 宮下 嶺夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またヒトラーの絞首人ハイドリヒもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 しかし,シャイラの説明によれば, ラインハルト ・ ハイドリヒ の監督下にユダヤ人の移住のための事務局が開設されたものの,「後にそれは移住のためではなく,撲滅のための代理機関となり,400万余のユダヤ人に対する計画的な殺りくを組織した」のです。 ハイドリヒの索引カードには政敵の様々な情報が記載されており、ヒムラーも彼のことを「生まれながらの諜報家」「生きた索引カードで、すべての糸を集め、それを編み直すことができる頭脳」と評したという[31]。 たとえばラインハルト・ハイドリヒが殺された後、ヒトラーは報復として5万人のチェコ人を殺すよう命じたのだが、フランクはチェコ人にも家族がいると言って規模を縮小するよう遠まわしに進言したのだ」と証言している 。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 14:53 UTC 版), ハイドリヒの妻リナは、夫と同様ブロンドの髪を持った「北欧人種」的な人種的特徴を備えた女性で、フェーマルン島の小学校の校長ユルゲン・フォン・オステン(Jürgen von Osten)とその妻マチルダ・フォン・オステン(Mathilde von Osten)の娘であった[155]。フォン・オステン家は、ホルシュタインに土地を持つ困窮した没落貴族の家柄だった[156][155]。, リナの証言によると、ハイドリヒとリナは、1930年12月6日にキールでのボート部のダンス会で知り合ったという。当時リナは、キールの教師訓練学校で学ぶ19歳の女学生であった。リナは友人数名とこのダンス会に出席していたが、男性出席者が少なすぎてリナ達はダンス相手が見つからないでいた。そこへ2人の海軍将校がやってきてリナ達が誘われた。1人は黒髪で背の低い男で、もう1人はブロンドの長身だった。策略のようなわざとらしい組み合わせであったが、リナは特に気にしなかったようである。黒髪の方は「フォン・マンシュタインです」と名乗り、ブロンドの方は「ハイドリヒ。ラインハルト・ハイドリヒです」と名乗った。ダンスの後、リナはハイドリヒにエスコートされて教師訓練学校の寮へ戻った。二人は次のデートの約束をして別れた。以後、4回デートを重ね、4回目のデートでハイドリヒがリナに「妻になってほしい」と求婚した。リナはハイドリヒが自分の父親とまだ会っていないので時期尚早だと答えたが、ハイドリヒは、「私は君の父親と結婚したいわけではない。君と結婚したいと言っているんだ」と述べて今すぐの回答を求めた。リナは結局プロポーズを受けることにした。 しかしヒムラーとハイドリヒはバイエルン州では精力的に活動した。1933年代にバイエルン州ではハイドリヒによって1万6900人以上が「保護拘禁」されている[34]。, この活躍は内相ヴィルヘルム・フリックの耳に入り、1933年10月から1934年初めにかけてヒムラーはフリックからバイエルン州の除くドイツ各州の政治警察を次々と任された。そのため1934年1月までにヒムラーとハイドリヒの警察権力はゲーリングの支配するプロイセン州をのぞいてすべてに及ぶようになった[34]。, また並行してヒムラーとハイドリヒは、プロイセン州秘密警察ゲシュタポの指揮権を手に入れるため、ゲーリング配下のゲシュタポ局長(Leiter des Geheimen Staatspolizeiamtes)ルドルフ・ディールスを陥れようとしていた。1933年9月末にはヒンデンブルク大統領に讒言して一時ディールスをゲシュタポ局長の座から失脚させることに成功した[40][41]。 ラインハルト・トリスタン・オイゲン・ハイドリヒは、1904年3月7日午前10時30分頃、ドイツ帝国の領邦プロイセン王国ザクセン州(Provinz Sachsen)の都市ハレのマリエン通り(marienstraße)21番地に生まれた。ライプツィガー塔に近い場所である。 ハイドリヒは、オーストリア併合の計画を前にブロンベルクとフリッチュの二人を失脚させるための工作を開始した。, 1938年1月、ブロンベルク国防相の再婚した妻エルナが実は売春婦でありポルノ写真を撮っていた、というスキャンダルが発生した。エルナが1974年に語ったところによるとこの際に証拠とされたポルノ写真はハイドリヒが修正技術者の部下に作らせた合成写真であったという[71][72]。, またブロンベルクの疑惑と同時にフリッチュには同性愛者疑惑が浮上した。ゲシュタポの同性愛取り締まりの担当ヨーゼフ・マイジンガーがフリッチュが同性愛者であるという調書を作成し、ヒトラーに提出した[70]。, 結局、この疑惑が原因でブロンベルクとフリッチュは2月上旬に解任されることとなった(ブロンベルク罷免事件)。邪魔者を消したヒトラーは、3月14日にドイツ軍をオーストリアに進軍させ、オーストリア併合を達成した。, ハイドリヒとその部下の工作員たちは国外での政治工作にも多数関与している。有名な物に以下の物がある。, ソ連の独裁者ヨシフ・スターリンによって行われたミハイル・トゥハチェフスキーら赤軍幹部を対象とした粛清事件(大粛清)にハイドリヒは少なからず関与した。1936年12月5日、ハイドリヒはソ連の秘密警察NKVDとの間の二重スパイ(フランス在住の元ロシア白軍将軍)ニコライ・スコブリンとプリンツ・アルブレヒト街の事務所において面会した。スコブリンは「モスクワの確かな情報筋」からの情報としてトゥハチェフスキーやヤン・ガマルニク、イオナ・ヤキールら赤軍幹部がスターリンに対するクーデタを計画中であるという情報を告げた[73]。 以上の記述[155][157]以外にも、別の資料によると1930年夏にハイドリヒが友人とキール郊外でカヌー遊びをしていた際、リナを乗せたカヌーが転覆し、ハイドリヒ達が飛び込んで救出し、これをきっかけにハイドリヒとリナは交際を始めたとある[158]。, 1930年12月24日にハイドリヒとリナは、フェーマルン島のリナの実家を訪れ、リナの父親ユルゲンの許可を得て正式に婚約した[159][155]。リナの一家は国粋主義的で強い反ユダヤ主義の家風で、リナもリナの兄ユルゲンも国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の党員であった[160]。, リナという婚約者がいるにもかかわらず、この後ハイドリヒは女性問題を引き起こし、1931年5月に海軍を除隊させられた。しかしこの件は二人の間に問題を残さなかったようである[160]。リナもこの件については曖昧な証言しか残しておらず、事情をよく知らなかったとみられる。しかしこの件で二人の挙式は延期された[161]。, ハイドリヒがナチ党に再就職した後の1931年12月24日に二人はナチ党の牧師のプロテスタントの教会で挙式した[162]。この件で熱心なカトリックだった母エリーザベトと疎遠になったが、ハイドリヒは母への仕送りは続けている[162]。, ハイドリヒとリナは四人の子供を儲けた。長男ラインハルト・クラウスは1933年6月17日、次男ハイデルは1934年12月28日、長女ジルケは1939年4月9日、次女マルテは1942年7月23日(ハイドリヒの死後)にそれぞれ生まれている[163]。クラウスは1943年10月24日に交通事故により夭折した[164]。ハイデルは9歳になってもヒトラー・ユーゲントに加入しなかったが[165]、これはリナの手まわしで、ハイデルが少年兵としてドイツ国防軍に徴兵されるのを避ける意図があったと言われている。, ハイドリヒの浮気癖はリナも知っており、ベーメン・メーレン保護領副総督に任じられた直後のハイドリヒがベルリンへの影響力を喪失しないようにベルリンからベーメン・メーレン保護領へ毎日通う生活をしようとした時にはリナは大反対し、一家でチェコに定住することを求めた。リナは夫がベルリンでさらに浮気をすることを恐れていたという[166]。一方、リナもハイドリヒの部下であるヴァルター・シェレンベルクと浮気していたとされる。シェレンベルクによると嫉妬に狂ったハイドリヒに毒を飲まされ、解毒剤と引き換えにリナとの関係を詰問されたという。しかしこの一件以降、ハイドリヒはリナを重んじるようになり、1939年4月9日に長女ジルケが生まれた頃には夫婦円満が戻っていたという。, リナは、ヒムラー夫人マルガレーテと不仲であった。マルガレーテのことを「50番サイズの長ローズ」と陰口して馬鹿にしていた。ヒムラーはハイドリヒにリナとの離婚を勧めたことがあるが、これはマルガレーテの仕業であった[167]。, ハイドリヒの弟ジークフリート・ハインツ・ハイドリヒは、兵隊向けの新聞『Die Panzerfaust』を発行する出版社を経営するジャーナリストであった。しかし彼は1944年11月19日夜に東プロイセンにある所有の印刷所へ向かう特別列車の中で拳銃自殺をしている[168]。ハインツの息子の証言によるとハインツは、兄ラインハルトの葬儀の後、ゲシュタポ本部の金庫の中に残る彼の遺したファイルから兄がユダヤ人絶滅政策を行っていたことを知ったという。これを見て真っ青になったハインツは、以降、出版業務の陰でユダヤ人達に偽装身分証を発行してユダヤ人達がデンマーク経由でスウェーデンへ逃れられるよう取り計らうようになった。ハインツが救出したユダヤ人の数は少なくなく、俳優カール・ヨーン(Karl John)のユダヤ人妻もその一人であった[169]。しかし1944年11月に『Die Panzerfaust』の編集員達は、州政府から調査を受けた。ハインツは偽造身分証発行のことが政府に露見したと思い、ゲシュタポの捜査の手が家族にも及ぶことを恐れて自殺した。しかし実は州政府側は偽装身分証には気づいておらず、捜査に来たのは『Die Panzerfaust』紙が新聞の発行を減らしていることの理由を捜査するためであった[169]。, リナと子供たちはハイドリヒの死後もパネンスケー・ブレツァニー(Panenské Břežany)で暮らしていたが、ドイツ軍の後退により、1945年3月にここを離れ、テーゲルンゼー(Tegernsee)のカール・ヴォルフ親衛隊大将の別居中の妻の家に身を寄せた。この家がアメリカ軍に接収されたのち、身分証を偽装して「リナ・ハンガー(Lina Hunger)」の名前でミュンヘン、アウクスブルク(Augsburg)、シュトゥットガルトなどを転々とし、1945年9月7日にはイギリス占領軍の軍政下におかれていたフェーマルン島の父親のところへ戻っていった。1947年にはチェコスロヴァキアがリナの欠席裁判を行い、リナ・ハイドリヒに終身刑判決を下したが、リナがチェコに戻ることはなかった。1953年からは未亡人年金をめぐる訴訟を戦い、52,798ライヒスマルクの未亡人年金を受給することになった。しかし1960年、ベルリンの「非ナチ化審査機関」は、ハイドリヒの遺品のうち、ドイツ帝国銀行の複数の口座の財産について没収した。リューベックの検察庁はリナの殺人教唆と幇助に関する捜査を進めていたが、これは1964年に打ち切られている[170][171]。, リナは1954年からフェーマルン島でホテルの経営者をしていた[172][173]。1965年から1969年にかけてフィンランド人の画家・劇場監督のマウノ・マンニネン(Mauno Manninen)と再婚し、「ハイドリヒ未亡人」の名前を捨てることになった[174]。, リナは、頻繁に雑誌や新聞から取材を受け、ハイドリヒとのことを尋ねられたが、一貫して彼を擁護し、ユダヤ人絶滅政策の存在を否定した。ヒトラーやナチスの国家社会主義運動も高く評価し続けた[174]。リナは1985年8月14日にフェーマルン島の自宅で死去している。74歳だった[175]。, ハイドリヒの子供たちはフェーマルン島の学校へ通ったが、父親のことで他の子供たちからいじめを受けた[176]。ハイデルは、バイエルン州ミュンヘンで暮らし、コンピュータの専門家となり、航空会社ドルニエの取締役を務めた[176]。ジルケはヨハニスベルク(Johannisberg)の農場主と結婚し、5人の子供を儲け、長男には「ラインハルト」と名付けている。マルテも結婚し、ファッションショップを経営した[177]。, 「私(ゲーリング)は貴下(ハイドリヒ)にすでに1939年1月24日付けの命令で国外移住または疎開の形でユダヤ人問題を時代の状況に相応してもっとも有利な解決を図る任務を与えたが、これに補充してヨーロッパのドイツ勢力圏におけるユダヤ人問題の全面的解決のために組織的及び実務的及び物質的観点からみて必要なあらゆる準備を行うことを委任する。そのさいに他の中央機関の権限にかかわる場合には、これらの中央機関を参加させるべきである。さらに貴下に追求されてきたユダヤ人問題の最終解決を実行するための組織的・実際的・物質的準備措置に関する全体的計画を早急に私の所へ送るように委任する」, 約90の短波放送を補足した。死刑判決は400ないし500、拘束者数は4000ないし5000に及ぶ。死刑あるいは拘束を受けた者は(抵抗運動の)付和雷同者ではなく指導者である。, 「ポーランドにおけるドイツの犯罪に関する総合調査委員会」やミリアム・ノヴィッチなどの調査による, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)14‐15ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)10-11ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)12-13ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)18-19ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)34ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)35ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)36ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)42-43ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)46-47ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)208-209ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)214-215ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)222-223ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)224-225ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)22-23ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)204-205ページ, ハインツ・ヘーネ著『髑髏の結社 SSの歴史(上)』(講談社学術文庫)10章「RSHA」, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)64-65ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)54-55ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)58-59ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)160-161ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)236-237ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)310-311ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)312-313ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)68-69ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)72-73ページ, 加藤哲郎『新発掘資料から見たゾルゲ事件の実相』ゾルゲ事件関係外国語文献翻訳集第28号, 2011年, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)88‐89ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)138-139ページ, Max Williams著『REINHARD HEYDRICH THE BIOGRAPHY VOLUME II, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)384-385ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)142-143ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)144-145ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)146-147ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)388-389ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)166-167ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)173-174ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)156ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)74-75ページ, ハインツ・ヘーネ著『髑髏の結社 SSの歴史(上)』(講談社学術文庫)284-285, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)17ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)16‐17ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)32-33ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)22‐23ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)244‐245ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)158-159ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)248‐249ページ, Max Williams著『REINHARD HEYDRICH THE BIOGRAPHY VOLUME I, http://books.google.com/books?id=aWhdDvJgGwUC&pg=PA46&lpg=PA46&dq=Himmlers+Hirn+hei%C3%9Ft+Heydrich&source=bl&ots=ZXX5OotgZY&sig=4Jvx-wp74CHSIG9rgBLFjCYhSnc&hl=en&ei=Tp83Svi_NYyBkQWJ1syUDQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=7. 以上の記述[155][157]以外にも、別の資料によると1930年夏にハイドリヒが友人とキール郊外でカヌー遊びをしていた際、リナを乗せたカヌーが転覆し、ハイドリヒ達が飛び込んで救出し、これをきっかけにハイドリヒとリナは交際を始めたとある[158]。, 1930年12月24日にハイドリヒとリナは、フェーマルン島のリナの実家を訪れ、リナの父親ユルゲンの許可を得て正式に婚約した[159][155]。リナの一家は国粋主義的で強い反ユダヤ主義の家風で、リナもリナの兄ユルゲンも国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の党員であった[160]。, リナという婚約者がいるにもかかわらず、この後ハイドリヒは女性問題を引き起こし、1931年5月に海軍を除隊させられた。しかしこの件は二人の間に問題を残さなかったようである[160]。リナもこの件については曖昧な証言しか残しておらず、事情をよく知らなかったとみられる。しかしこの件で二人の挙式は延期された[161]。, ハイドリヒがナチ党に再就職した後の1931年12月24日に二人はナチ党の牧師のプロテスタントの教会で挙式した[162]。この件で熱心なカトリックだった母エリーザベトと疎遠になったが、ハイドリヒは母への仕送りは続けている[162]。, ハイドリヒとリナは四人の子供を儲けた。長男ラインハルト・クラウスは1933年6月17日、次男ハイデルは1934年12月28日、長女ジルケは1939年4月9日、次女マルテは1942年7月23日(ハイドリヒの死後)にそれぞれ生まれている[163]。クラウスは1943年10月24日に交通事故により夭折した[164]。ハイデルは9歳になってもヒトラー・ユーゲントに加入しなかったが[165]、これはリナの手まわしで、ハイデルが少年兵としてドイツ国防軍に徴兵されるのを避ける意図があったと言われている。, ハイドリヒの浮気癖はリナも知っており、ベーメン・メーレン保護領副総督に任じられた直後のハイドリヒがベルリンへの影響力を喪失しないようにベルリンからベーメン・メーレン保護領へ毎日通う生活をしようとした時にはリナは大反対し、一家でチェコに定住することを求めた。リナは夫がベルリンでさらに浮気をすることを恐れていたという[166]。一方、リナもハイドリヒの部下であるヴァルター・シェレンベルクと浮気していたとされる。シェレンベルクによると嫉妬に狂ったハイドリヒに毒を飲まされ、解毒剤と引き換えにリナとの関係を詰問されたという。しかしこの一件以降、ハイドリヒはリナを重んじるようになり、1939年4月9日に長女ジルケが生まれた頃には夫婦円満が戻っていたという。, リナは、ヒムラー夫人マルガレーテと不仲であった。マルガレーテのことを「50番サイズの長ローズ」と陰口して馬鹿にしていた。ヒムラーはハイドリヒにリナとの離婚を勧めたことがあるが、これはマルガレーテの仕業であった[167]。, ハイドリヒの弟ジークフリート・ハインツ・ハイドリヒは、兵隊向けの新聞『Die Panzerfaust』を発行する出版社を経営するジャーナリストであった。しかし彼は1944年11月19日夜に東プロイセンにある所有の印刷所へ向かう特別列車の中で拳銃自殺をしている[168]。ハインツの息子の証言によるとハインツは、兄ラインハルトの葬儀の後、ゲシュタポ本部の金庫の中に残る彼の遺したファイルから兄がユダヤ人絶滅政策を行っていたことを知ったという。これを見て真っ青になったハインツは、以降、出版業務の陰でユダヤ人達に偽装身分証を発行してユダヤ人達がデンマーク経由でスウェーデンへ逃れられるよう取り計らうようになった。ハインツが救出したユダヤ人の数は少なくなく、俳優カール・ヨーン(Karl John)のユダヤ人妻もその一人であった[169]。しかし1944年11月に『Die Panzerfaust』の編集員達は、州政府から調査を受けた。ハインツは偽造身分証発行のことが政府に露見したと思い、ゲシュタポの捜査の手が家族にも及ぶことを恐れて自殺した。しかし実は州政府側は偽装身分証には気づいておらず、捜査に来たのは『Die Panzerfaust』紙が新聞の発行を減らしていることの理由を捜査するためであった[169]。, リナと子供たちはハイドリヒの死後もパネンスケー・ブレツァニー(Panenské Břežany)で暮らしていたが、ドイツ軍の後退により、1945年3月にここを離れ、テーゲルンゼー(Tegernsee)のカール・ヴォルフ親衛隊大将の別居中の妻の家に身を寄せた。この家がアメリカ軍に接収されたのち、身分証を偽装して「リナ・ハンガー(Lina Hunger)」の名前でミュンヘン、アウクスブルク(Augsburg)、シュトゥットガルトなどを転々とし、1945年9月7日にはイギリス占領軍の軍政下におかれていたフェーマルン島の父親のところへ戻っていった。1947年にはチェコスロヴァキアがリナの欠席裁判を行い、リナ・ハイドリヒに終身刑判決を下したが、リナがチェコに戻ることはなかった。1953年からは未亡人年金をめぐる訴訟を戦い、52,798ライヒスマルクの未亡人年金を受給することになった。しかし1960年、ベルリンの「非ナチ化審査機関」は、ハイドリヒの遺品のうち、ドイツ帝国銀行の複数の口座の財産について没収した。リューベックの検察庁はリナの殺人教唆と幇助に関する捜査を進めていたが、これは1964年に打ち切られている[170][171]。, リナは1954年からフェーマルン島でホテルの経営者をしていた[172][173]。1965年から1969年にかけてフィンランド人の画家・劇場監督のマウノ・マンニネン(Mauno Manninen)と再婚し、「ハイドリヒ未亡人」の名前を捨てることになった[174]。, リナは、頻繁に雑誌や新聞から取材を受け、ハイドリヒとのことを尋ねられたが、一貫して彼を擁護し、ユダヤ人絶滅政策の存在を否定した。ヒトラーやナチスの国家社会主義運動も高く評価し続けた[174]。リナは1985年8月14日にフェーマルン島の自宅で死去している。74歳だった[175]。, ハイドリヒの子供たちはフェーマルン島の学校へ通ったが、父親のことで他の子供たちからいじめを受けた[176]。ハイデルは、バイエルン州ミュンヘンで暮らし、コンピュータの専門家となり、航空会社ドルニエの取締役を務めた[176]。ジルケはヨハニスベルク(Johannisberg)の農場主と結婚し、5人の子供を儲け、長男には「ラインハルト」と名付けている。マルテも結婚し、ファッションショップを経営した[177]。, ラインハルト・ハイドリヒのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 「ポーランドにおけるドイツの犯罪に関する総合調査委員会」やミリアム・ノヴィッチなどの調査による, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)14‐15ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)10-11ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)12-13ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)18-19ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)34ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)35ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)36ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)42-43ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)46-47ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)208-209ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)214-215ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)222-223ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)224-225ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)22-23ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)204-205ページ, ハインツ・ヘーネ著『髑髏の結社 SSの歴史(上)』(講談社学術文庫)10章「RSHA」, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)64-65ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)54-55ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)58-59ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)160-161ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)236-237ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)310-311ページ, ルドルフ・シュトレビンガー著『20世紀最大の謀略 赤軍大粛清』(学研)312-313ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)68-69ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)72-73ページ, 加藤哲郎『新発掘資料から見たゾルゲ事件の実相』ゾルゲ事件関係外国語文献翻訳集第28号, 2011年, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)88‐89ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)138-139ページ, Max Williams著『REINHARD HEYDRICH THE BIOGRAPHY VOLUME II, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)384-385ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)142-143ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)144-145ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)146-147ページ, ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)388-389ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)166-167ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)173-174ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)156ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)74-75ページ, ハインツ・ヘーネ著『髑髏の結社 SSの歴史(上)』(講談社学術文庫)284-285, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)17ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)16‐17ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)32-33ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)22‐23ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)244‐245ページ, ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)158-159ページ, Callum Macdonald著『The Assassination of Reinhard Heydrich Callum Macdonald』(Birlinn Ltd)248‐249ページ, Max Williams著『REINHARD HEYDRICH THE BIOGRAPHY VOLUME I, http://books.google.com/books?id=aWhdDvJgGwUC&pg=PA46&lpg=PA46&dq=Himmlers+Hirn+hei%C3%9Ft+Heydrich&source=bl&ots=ZXX5OotgZY&sig=4Jvx-wp74CHSIG9rgBLFjCYhSnc&hl=en&ei=Tp83Svi_NYyBkQWJ1syUDQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=7, All text is available under the terms of the. 4分間ほど放送したのち、ナウヨックスは、ミュラーから渡された「缶詰」を置き残して、撤収命令を出して去っていった[82]。, 翌日、アドルフ・ヒトラーは「ポーランド軍」によるグライヴィッツ放送局の攻撃を批判。いまやドイツとポーランドは戦争状態に入ったとしてポーランドとの戦争を国会において宣言したのであった[81]。, 第二次世界大戦開戦後の1939年11月8日、ヒトラーは、ビアホール「ビュルガーブロイケラー」(Bürgerbräukeller)でミュンヘン一揆16周年記念演説を行った。しかしヒトラーが退席した後、時限爆弾が爆発し、7人が死亡し、63人が負傷した。, 実行犯としてゲオルク・エルザーが逮捕されるが、ハイドリヒは、背後に敵国イギリスの工作員がいると睨み、翌11月9日にシェレンベルク、クノッヘン、ナウヨックスに命じてオランダのフェンローにいるイギリス軍の諜報員ペイン・ベスト(Payne Best)大尉とリチャード・スティーブンス(en:Richard Henry Stevens)少佐の二名を拉致させている(フェンロー事件)。, シェレンベルクが反ナチ派に成り済ましてペイン・ベストとスティーブンスに接触し、ナウヨックスが銃撃戦の末に2人を拉致したものであった。この事件は「オランダがヒトラー暗殺未遂事件の関与者をかくまった」という証拠になり、1940年5月10日のドイツ軍のオランダ侵攻の際に口実に使われた[83]。, 1941年の4月には部下であったヨーゼフ・マイジンガーが、駐日ドイツ大使館付の警察武官兼SD代表として派遣された。彼は着任直後、日本の特別高等警察や憲兵隊と連絡を取り合ったが、日本で活動していたソ連のスパイリヒャルト・ゾルゲと親密な関係を持っていたマイジンガーは、ゾルゲを「信頼できる」として、憲兵隊や特高に身分保証して尾行を中止させ[84]、彼と頻繁に酒を飲み交わす仲になった。しかし、特高は引き続きゾルゲの尾行や調査を続けており、その結果、ゾルゲ事件が発覚し逮捕に繋がった[85]。, 1938年10月28日にハイドリヒは、第一次世界大戦後にドイツへ移住してきたユダヤ系ポーランド人1万7000人をポーランドへ送り返す追放命令を出した。この命令に基づき、ドイツ警察はポーランド系ユダヤ人を次々とトラックや列車に乗せてポーランドへ移送しようとしたが、ポーランド政府が受け入れを拒否して国境が封鎖された。ユダヤ人たちは国境の無人地帯で家も食料も無い状態で放浪することとなり、窮乏した生活を余儀なくされた。, この中にセンデル・グリンシュパンの一家があった。センデルはパリにいる17歳の息子のヘルシェル・グリュンシュパンに惨状を訴えた。ヘルシェルはこれに激昂してドイツ大使館員エルンスト・フォム・ラートを暗殺して世にユダヤ人の惨状を訴えることを企図した[86][87]。, ラート暗殺を受けて1938年11月9日から10日にかけてドイツ全土で反ユダヤ主義暴動「水晶の夜」が発生したが、この際にハイドリヒは、暴動の取り締まりを行わぬよう各地の警察署長に次のように命令している。, 「(1938年)11月9日から10日かけてドイツ全土でラート書記官殺害にからんで反ユダヤデモが予定されている。次のように処理せよ。, 警察は本指令の遂行を監督し、掠奪者は逮捕する。」[88]


Area D 異能領域 打ち切り, 夜に駆ける 吹奏楽 曲紹介, 株式会社roland Group Hd, 小宮 有紗 仮面ライダー, 藤井聡太 ツイッター 北の母, 仙台市 中学 新人 戦 陸上, 米津玄師 Amen 歌詞, 天頂の囲碁7 Zen 機能,
© Copyright e-produce 吉岡千絵のオフィシャルサイト All Rights Reserved. | 管理画面へ