殲琴 ダウルダブラ Mp3, 鈴木保奈美 髪型 ドラマ スーツ, イギリス 昼食 定番, ファミリア 一人 で 食べる, 西武 川越 青雲 なぜ, ワイズテーブル 株主優待 ブログ, 将棋 ブログ 2ちゃんねる, " /> 殲琴 ダウルダブラ Mp3, 鈴木保奈美 髪型 ドラマ スーツ, イギリス 昼食 定番, ファミリア 一人 で 食べる, 西武 川越 青雲 なぜ, ワイズテーブル 株主優待 ブログ, 将棋 ブログ 2ちゃんねる, " />

日本 アメリカ法 違い

2020.12.15
今回は、日本とアメリカの交通ルールの違い、というよりアメリカの交通ルールで日本とはちょっと違うところをまとめてご紹介しました。 アメリカに旅行中にレンタカーを借りたり、留学中に車を運転することがある際は、日本との違いに注意して下さい! 安倍晋三首相が自民党総裁選に勝利してから、改憲というテーマが今また新聞をにぎわしている。 日本での改憲をめぐる議論をドイツから見ると、いくつか興味深い点があることに気づく。戦後、日本国憲法がこれまで一度も改憲されていないという事実や、議論が感情的かつ特定のテーマに限られていることなどである。議論の核心はほぼ第9条と自衛隊をめぐると言ってよい。対照的にドイツの憲法にあたる「基本法」は施行以来60回以上の改正を重ねている。 はじめに日本国憲法とドイツ基本法との間の … 日本にも男女雇用機会均等法をはじめ雇用上の差別を禁止する法律がありますが、アメリカでは「採用・昇給・昇進・異動・レイオフ・懲戒・解雇」など、雇用上のあらゆる決定において差別を禁止するeeoという規定があります。 家の中では土足でオーケー 2. 日本は人口10万人あたりの交通事故者数が3.8人という結果になりました。 アメリカは10万人あたり10.2人と、日本の約2.5倍で一番多い ことがわかりますね。. 日本の法律は大陸法に属しますが、アメリカの法律はイギリスと並んで判例法に属します。 大陸法というのはドイツ、フランス、オランダ、ベルギーなどのヨーロッパ大陸で、こちらは法律が現状にそぐわなくなったら改正します。 !function(e,t,n,s,u,a){e.twq||(s=e.twq=function(){s.exe?s.exe.apply(s,arguments):s.queue.push(arguments); アメリカ版では、内部統制を別視点で評価するという考えから、経営者自らが行う評価と公認会計士等が行なう第三者との「二重の評価」システムを導入していますが、日本版sox法では、公認会計士等は経営者の評価結果についてのみ監査することに限定して、二重評価を回避しています。 スモールトークが大好き 5. 日本の薬剤師とアメリカの薬剤師の差とは. 日本基準と米国基準で、減価償却で認められる方法(定率法や定額法など)自体には大きな違いはありませんが、日本では定率法を採用する企業が多く、アメリカでは定額法を採用する企業が多くなってい … a=t.getElementsByTagName(n)[0],a.parentNode.insertBefore(u,a))}(window,document,'script'); 国立公園は、日本の美しい自然や動植物、歴史、文化などを将来に残していくために国が保護・管理しているエリアです。 日本にはたくさんの風景地がありますが、「どんな風景が国立公園にふさわしいか?」「どれを国立公園にするか?」などの定義や指定方法については、” 自然公園法 ” という法律で決 … // Insert Twitter Pixel ID and Standard Event data below 実はアメリカの教育制度は州によって違います。 日本のように全国で統一されているわけではありません。 その為、自分が赴任する州の教育制度を調べる必要があります。 そして、アメリカの場合は高校までが義務教育となります。 日本国憲法はアメリカ人が起草したため、英米法(アメリカ法)の影響を強く受けています。 また。 日本国憲法が施行されてから、司法や行政のシステムも英米法の影響を強く受けるようにな … これはあくまで交通事故による「死者数」なので、実際に起こっている交通事故はさらに多いと考えられます。 twq('track','PageView'); アメリカで生活したいと考えたとき、まずどのようなことが日本と違うかを知ることが重要です。銃の所持や法律、生活の違いなど多くの点で違いが存在しており、生活するにあたって本当に大丈夫なのか、安全なのかといったことをしっかりと検討しましょう。, 実際、アメリカの犯罪率や銃が絡む問題など見受けられますが、人口が多ければこれらの問題も日本よりは多くなるでしょう。こういった情報を事前に知っておくことで危険から身を守ることができるかもしれません。ここではアメリカの生活情報やトラブルの対処法をご紹介していきたいと思います。, アメリカの生活や習慣は日本と比べると大きな違いが多数あります。たとえば、土足で室内に入ったりチップ制度があったりとこれらのことは有名ですよね。ほかには、トイレやお風呂の未使用時にはドアを開けておくというルールがあります。アメリカでは喫煙者への風当たりが強く、州の半数以上での屋内喫煙は禁止されています。, またお酒に関しては公共の場での飲酒が原則禁止されています。特別な許可やルールがないと飲酒をすることはできません。しかしすべての州が飲酒をできないというわけではないので、事前に調べておくことをおすすめします。知らずに飲んでしまうと警察沙汰になるかもしれないので注意しましょう。, 素晴らしい習慣として、アメリカはチャレンジ精神が豊富で前向きに挑戦することはいいこととして認識されています。年齢についての偏見がなく周りの人たちも応援してくれるといったことが挙げられます。, こういったポジティブな考え方は、何か新しいことを始めたい方には大変ありがたく心強いものではないでしょうか。日本人には驚くことが多くあると思いますが国が違えばルールも変わってくるということがわかったのではないでしょうか。, アメリカは日本とは違い銃が合法で手に入る社会です。また犯罪率も高いため他の国と比べ銃犯罪が多いといえるでしょう。トラブルに巻き込まれないためには事前に対策を打っておく必要があります。ここではアメリカ生活時での生活対策方法をご紹介していきたいと思います。, アメリカは州にもよりますが危険なところが多くあります。身の危険を守る一番の方法はあらかじめ危険なエリアを調べておき、その場所に踏み入らないのがベストでしょう。しかし、どれだけ注意を払っても日本とは違いスリや暴力事件がよくあるので観光時には大きめのカバンは持ち歩かないなどの対策をした方がいいでしょう。, あらかじめトラブルから身を守る対策としてはいくつかあります。たとえば、留学・観光時にはクレジットカードや現金は人前でさらさないこと、夜などに一人でできるだけ行動しない、といったことが挙げられます。現金を人前でさらしてしまうと金目当ての人に狙いを定められる可能性が増えるでしょう。, また日本にいるときは長財布をズボンからはみ出していたり、リュックのチャックが開いていてもほとんどの場合問題ないでしょうが、アメリカにいるときは細かいところまで注意が必要になってくるでしょう。, 日本は海外と比べると安全なため、海外生活を始めたころは自身の管理がおろそかになるかもしれません。あらかじめどういった犯罪が多く、何をしない方がいいのかはリサーチすることで身の危険を回避することに繋がります。, アメリカ人は病院にはあまり行かず薬を飲んで治すといわれますがそれには誤解があるようです。日本では何か病気にかかった場合、病院に行って診察してもらうのが普通ですがアメリカではそうはいきません。なぜならアメリカの医療費は高額だからです。, もし資金が潤沢にあるなら話は別ですが、普通の家庭、またそれ以下の家庭では病院に行かないのではなく、行けないということが現実だそうです。アメリカでは個人で保険に加入していない場合すべて実費で保険料を払わなければなりません。そのため病気やケガをした場合、病院に行かず自力で直す方が多いそうです。, 高額な医療費が必要な病院よりも、薬局で薬を購入する方が安価で解決できるためでしょう。これらの面では日本は恵まれているのかもしれませんね。しかし、なぜこれほどまでに医療費が高額なのでしょうか?その理由は、医療保険のシステムにあります。, 日本の病院で何か治療するときは国民健康保険が適用されますがアメリカではそうはいきません。アメリカにはそもそも日本のような健康保険の制度がなく、ほとんどの保険が民間企業によって成り立っています。, アメリカの公的医療保険として65歳以上の高齢者または65歳以下の身体障害者を対象にした保険と一定の収入以下の人に対する医療保険があります(州によって異なる)。しかし日本のように保険証1つでさまざまな治療を受けられるのとは違い、アメリカの医療保険は万能でないため各家庭で保険を契約することが基本になっているのでしょう。, 民間の保険企業で契約する場合さまざまなプランがあるようですが、金額によっても保険サービスが変わってくるようです。多くのアメリカ人が利用している安い保険サービスは安価なため、決まった医者を選択する必要があります。日本のようにどこの医者でもいいというわけではありません。, もし、アメリカのどの医療機関でも診療ができるプランに入ると高額になるため、ほとんどのアメリカ人は安価なプランを選択する傾向にあるようです。日本のように一定のプランを利用すればどれくらい降りるというわけではなく、アメリカでの治療費は保険会社との交渉で決まるそうです。, アメリカで歯の治療をする方は高額の医療請求を覚悟した方がいいでしょう。先にも述べましたが、日本のような国民保険制度がなく、治療を受けたい人は個々で医療保険に加入しなければなりません。そのため治療費が莫大な金額になってきます。もし現時点で歯に何らかの問題があり、施術が必要な場合は、日本で治療を行ってからアメリカに渡航しましょう。, 日本で保険に入っていると、大抵の金額は保険会社が代わりに払ってくれるかもしれません。しかしアメリカでの歯の治療には例外があります。アメリカでは歯の治療が保険に適用されていないことが多いそうです。そのためアメリカで保険に入っているから大丈夫と考え治療し、その後高額な請求をされると高額医療費を払う必要があるかもしれません。, 歯科治療費だけが高額でなく、眼科での治療や出産の費用も高額になってきます。眼科の場合、眼鏡またはコンタクトレンズの視力矯正や購入などは眼科の保険プランに入っていないと高額になってきます。歯や目に何か問題がある方はそれに応じた保険を日本で加入しておくか渡航後にアメリカで契約するかした方がいいでしょう。, アメリカで生活または渡航する前に日本で契約した保険がアメリカでの歯科治療に適用されるか確認しましょう。また、完治させることで歯科治療の不安がなくなるということも大変重要になってくるでしょう。あらかじめ歯の治療や医療関係についてのリサーチは必須です。, 日本では法律は一律同じですが、アメリカではそうではないようです。ここではアメリカの法律が州ごとで違うことをご紹介していきたいと思います。, 日本には消費税があり商品購入者には税が課せられます。一方、アメリカでは消費税はなく売上税というものが課せられます。この売上税は商品を販売したものが商品を最後に消費したものから受けとる税金のことで製造業者または販売を目的で受注した商品には税金がかけられません。この売上税が州によって違うため、生活費も州によって変わってしまうという特徴があげられます。, 日本での消費税はすべての県で同じように設定されていますが、アメリカでは税金が州によって違うということが特徴といえるでしょう。たとえば2つの州があるとして、1つの州では500円だったものがもう1つの州では550円だったという具合に変化が生じる場合があります。, そのため留学や観光、または移住を考えている方は自身が住む州をあらかじめリサーチしておくことが必要になってくるでしょう。また買い物時にお得にアメリカで生活していくことができるかもしれません。, 日本では大麻は危険なもので、絶対に使用または入手してはいけないものとして教育をうけます。しかし、アメリカでは州ごとによって大麻を使用できる州とできない州があるようです。, 2019年5月時点でおもに大麻が使用可能な州として10州ありワシントンDC、バーモント州、アラスカ州、ワシントン州、オレゴン州、コロラド州、メイン州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ネバダ州が挙げられます。しかしこれらすべての州が同じように大麻を使用しているわけではなく、目的によって使用方法が変わります。, 上記の州では嗜好品として大麻が合法化されましたが医療用として大麻が利用されている場所もあります。州によっては大麻の使用や量も変わっています。カリフォルニア州では1996年に初めて医療用大麻が合法化されましたが2016年以降一定の規定量であれば大麻の所持を処方箋なくできるようになったそうです。, メイン州では大量の大麻の所持が容認されています。日本で同じ量の大麻を所持、服用した場合、重い罰が課せられるので国の違いがわかるのではないでしょうか。合法化されているため、留学やアメリカでの生活時に使用できる機会があるかもしれませんが、興味本位や遊び感覚での使用は絶対に避けてください。, アメリカでは合法で危険ではないという風に謳われているかもしれません。しかし、実際によくない影響も多数あるという風に報告されています。自身の一生を台無しにしてしまう可能性もあるので安易に手を出さない方がいいでしょう。また日本人がアメリカで大麻を吸うことは違法なので気をつけましょう。, アメリカの食事と日本の食事では根本的に違うものが多く挙げられます。ここではアメリカでの食事についてご紹介していきたいと思います。, アメリカでスーパーに行った際に驚くことは基本的にすべてのものが大きいことでしょう。たとえば、カートは日本の2倍ほどあり大量の商品を入れることが可能です。さらに売り場面積や通り道などもすべてが大きいです。, 買い物客が大きいカートを押していても、混むことなくスムーズに買い物ができるでしょう。またジュースや牛乳は基本的に日本のものと比べ大きいです。日本で飲料を購入する場合リットルが基本単位ですが、アメリカではガロンという単位で売られており4リットル近く入っています。, 日本から出てアメリカで生活する場合、最初のうちは大変驚くことが多いでしょう。アメリカでの代表的な食事としてハンバーガーやピザ、シリアル、スープ、ステーキ、パスタ、マッシュポテトなどが挙げられます。, 日本人の食事は健康を意識したものが多いですが、アメリカでは食事はおなかを満たすことができればいいという考えがあるようです。さらにあまり料理に時間をとることを好まず、そのため自然とファーストフード店の利用が増えるようです。アメリカと日本のファーストフードの値段を比べると大きさ、値段共に日本より安くさらに大きいのが特徴といえるでしょう。, そのためファーストフード店の利用が日本人よりも多いのでしょう。さらにアメリカ人は食事の量も違うので自然と高カロリーな食生活を送っているのでしょう。アメリカではファーストフードは安価で購入することが可能でありさらに量が多いため肥満の方が多いのかもしれませんね。, 健康意識が高い人ももちろんいるのですべての人がよく食べているということはないでしょう。アメリカでの食事のとり過ぎには注意してくださいね。, アメリカでも日本の食材を購入することは可能です。アメリカで展開している日系スーパーとしてミツワ、マルカイ、ニジヤなどが挙げられます。これらのスーパーでは日本と変わらず日本の食材を手に入れることが可能です。アメリカのスーパーでは買うことができない日本の冷凍食品や日本の魚、コメから調味料まで購入することができます。, しかし、田舎の州ではわざわざ長距離を走り購入しに行かなくてはならない場合もあります。そこでネットでの購入も検討してみてはいかがでしょうか。食品のオンラインショップとしてマルカイeストア、amazon.com International Foods、 Asian Food Grocerなどがあります。, それぞれのオンラインショップに重量や送料が記載されているのでぜひ参照してみてください。これらのサービスはアメリカでの生活で大変役に立つかもしれませんね。, アメリカで生活をする場合しておいた方がいいことが多くあります。日本とアメリカでは生活習慣や社会事情の違いがあり公共の場での飲酒や屋内での禁煙などがあります。アメリカと日本の大きな違いとして銃社会ということも挙げることができるでしょう。, アメリカですべての地域が危険というわけではありませんが、危険エリアの侵入や現金などを公の場で見せない方がいいでしょう。ほかにもアメリカでの医療費は高額で、特に歯の治療には多額の金額が必要になってきます。渡航前にしっかりと適用される保険の加入をおすすめします。, アメリカの法律は日本のようにすべて一律ではなく、州ごとによって違いがあります。週によっては税金の違いがあり、少し複雑になっています。また大麻を合法的に利用できる州もあるので十分なリサーチと自身の安全管理が必要になってくるでしょう。アメリカのスーパーは日本のものよりも基本的にすべてが大きいでしょう。, そのためカート、食材の量、店内まで大きさが規格外です。またアメリカ人は高カロリーな食事が好きで、代表的な食品としてハンバーガーやピザなどの高カロリーな食品を好んで摂取します。これはアメリカ人が家庭での料理をあまり好まないため手軽ですぐに食べることのできるファーストフード店の利用が多いためでしょう。, アメリカで生活することになった場合食べ過ぎないようにしっかりと体調管理をしなければならないかもしれませんね。日本の食材をアメリカで購入したい場合日系のスーパーか、またはオンラインショップでの購入が可能なので日本食が恋しくなった場合も安心でしょう。すべてにおいてしっかりとした情報収集は必要になってくるでしょう。, 日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。, インタビューピックアップ カナダ オススメ, サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社リアブロードに属します。複製、無断転載を禁止します。. アメリカは民間人によって訴えられる事が多く懲罰的な罰金は刑事上の罰金として日本は国庫へ税収の一部として納入されるがアメリカでは遺族や被害者に変換されアメリカでは民事事件と刑事事件は未分類として居る等の違いが多い? 概要. 洗濯物は外干ししない 4. 仕事観の違いー日米のギャップー アメリカで働くに当たり、日本とアメリカの働き方・仕事観のギャップに驚いた方も多いのではないだろうか。「組織を重視する日本人」と、「個人主義のアメリ カ 人 」に は 文 化 的 な ギ ャ ッ プ が あ る 良 く 言われる。 これらの法の制定の仕方の違いがなぜ起きたのかは、日本とアメリカの社会的、文化的違いとも言えるかもしれない。すなわち、日本には伝統的に内部調整をしがちな社会があり、アメリカには情報を公開した上で議論をするという社会がある。 アメリカ法廷ドラマから見える日米の法制度の違い~第1回懲罰的損害賠償制度~ 【弁護士 山添 健之】 アメリカでは、「法廷ドラマ」が、テレビドラマのひとつのジャンルとして確立していて、日本でも多くのアメリカ法廷ドラマが放映されています。 簡単にいうと、大陸法は法源を法律制定機関(日本なら国会)による議論と改正に依存し、英米法は判例によって実質的な改正を行うということになります。 バスルーム(トイレ)のドアは未使用時は開けておく 3. 国が違えば文化が異なるという言葉のとおり、アメリカの文化や習慣は日本と異なる点が数多くあります。この記事では、アメリカの文化や習慣についてご紹介していきます。アメリカ留学や旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 データ活用が進むアメリカと、苦戦する日本の違い 鍵を握るのは「高度なビジネス・itの両方がわかっている人」 2 「コロナによって“新しい仕事”がどんどん生まれる」 ニューノーマル時代の人材採用のカギ、Job Descriptionの書き方戦略 「アメリカにおける州は日本の都道府県と同じもの」というイメージがあるかもしれませんが、実際には全くの別ものだと言えます。日本では国が定めた憲法、法律が基本的に全ての都道府県での人々の暮らしを規定しますが、アメリカでは国全体の法律や憲法とは別に、州独自の法律や憲法が存在します。つまり各州でその州独自の法律が作れるのです。更に州の中にも、国同様に行政府、立法府、司法府が存在します。 日本の … 返品大国は本当だった 9. 日本とアメリカ合衆国の独占禁止法 の特徴や違いを下記に示します。 アメリカ合衆国 (ポイント) アメリカ合衆国の独占禁止法→1890年のシャーマン法、 1941年のクレイトン法と連邦取引委員会の3つで構成 されています。 法整備も含めて性犯罪に対して厳しいアメリカですが、日本はどうなのでしょうか? 性犯罪者処遇プログラム.  法務省は2006年から性犯罪者を対象にした再犯防止策の一環として「性犯罪者処遇プログラム」を導入しています。 確かに日本では会社の中で最高の地位の役職として使用することがありますが、 米国では一般的ではありません。 今回は米国と日本の株式会社のシステムの違いについて理解を深めていただき たいと思いま … 普通の本屋でも割引品がある 10. twq('init','nvirz'); アメリカ合衆国は、英米法系の国の一つの代表的存在ではあるが、アメリカ法は、イギリスと異なり成文憲法典を有し、連邦制を採用していることなどから、英国法(イングランド法)とは異なった独特の発展を遂げている。. 日本とアメリカの薬剤師、そしてテクニシャンを比べてみていかがでしょうか。大きな違いとして、米国にはアシスト役のテクニシャンがいて、その上位職が薬剤師であるという点。 アメリカの映画でよく見かける飲酒のシーン。パーティーで楽しそうにお酒を飲んでいるシーンで自由さを感じる人も多いと思います。パーティー好きなアメリカでは飲酒運転はokなの?飲酒運転をしたらどうなるの?そんなアメリカの飲酒運転事情を詳しく解説します。 アメリカ合衆国の法制度(アメリカがっしゅうこくのほうせいど、Law of the United States)は、連邦法と各州法から構成されている。これらの総称として(日本では)、アメリカ法(アメリカほう)または米国法(べいこくほう)という。, アメリカ合衆国は、英米法系の国の一つの代表的存在ではあるが、アメリカ法は、イギリスと異なり成文憲法典を有し、連邦制を採用していることなどから、英国法(イングランド法)とは異なった独特の発展を遂げている。, アメリカ法は、(大日本帝国憲法下の)戦前日本の法制、法学に対してほとんど影響を与えていなかったが、GHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)による連合国軍被占領期(1945年-1952年)を経て、戦後日本国憲法、刑事訴訟法、労働法、会社法、独占禁止法、金融商品取引法の領域に、特に大きな影響を与えるに至っている。, アメリカ合衆国は、もともとひとつの国家としてではなく、独立戦争によって 英国から独立した13の植民地の連合を契機に建国されたという歴史を有する。また、建国当初の法曹のほとんどは、イングランドの法曹院の出身者であった。法曹希望者のほとんどは、既に法曹としての実績のある者の見習いになり、まれに法曹学院にわざわざ留学するなどして教育を受けていた。このような経緯からアメリカ合衆国は英国のイングランド法を継受したのである。, そのため、合衆国は、何世紀も前の英国の慣習を起源とするコモン・ローにみられる伝統的な法原則にすべての法制度が立脚している[1]。英国では、国王によって諸侯ないし人民の権利・自由が侵害された歴史から、専断的な権力による人の支配を排除する法の支配が徐々に確立されていった。このような経緯から、法の支配における「法」とは、司法の決定およびそこで示された一般原則ならびに伝統的な慣習の集大成であり[2]、判例が第一次的法源とされた。したがって、日本やドイツのような成文法主義の国と異なり、議会が制定する法律は、判例を修正した規範にすぎないとされている。この点は合衆国でも同様である。, 諸邦連合の連合規約によって設置された連合会議は、一院制で、立法作用のみならず、行政作用も有するものとされたが、連合には独自の司法府が存在しなかった。諸邦連合の13の邦は、それぞれが独立の国家として主権を有していたので、連合議会は、いわば各邦の代理にすぎず、その権限は極めて限られており、独自の徴税権も通商規制権もなかった。, そのため、独立後の13の邦の政治・商業は混乱を極め、これに乗じて徳政令を乱発し農民一揆が起こるなど独立前よりもかえって政治・社会が混乱するという事態に陥った。, このような混乱を収拾するため、諸邦連合は、連邦の司法府の設立および連邦議会の権限を強化することを目指した。1787年、合衆国憲法を制定して連邦制を採用し、アメリカ合衆国として一つの主権国家となったのである。そして、立憲君主制をとる英国と異なり、合衆国は、人民主権の下、国王に代わる国家元首を国民が選挙によって選出する大統領制をとった。, もっとも、13の邦の代表者である合衆国憲法起草者たちは、同時に連邦の権限が強くなりすぎて州(state)の権限が侵されることも警戒していた。そこで、合衆国憲法は、立憲主義を採用して、政府機能を3つの部門に厳格に分割し、相互に抑制・均衡を保つよう権力分立制を採用した。, このようにして、合衆国(合州国ではない。)は「立憲連邦共和国」としてスタートを切ったのであるが、合衆国憲法は、以上のような「おおいなる政治的妥協の産物」であり、その条項は、多分に解釈の余地を残すものにならざるを得なかった。このことが後に連邦最高裁判所による連邦の権限の拡大に繋がっていく。, その後、合衆国は、対話と衝突を繰り返しながら各地方の割譲、侵略、買収、併合を経て、現在の50州 、1地区 (district) で構成されるに至った。そのため、各州の法制度はそれぞれ独自の歴史と文化を有している。また、1783年に独立戦争が終結すると、各州でロー・スクールが設置されるようになり、徐々に各州で独自の法教育を行うようになった。, このような経緯から、アメリカ法は、英国法と異なる独自の進化を遂げたといえる。英国では、英国法が単独の法域を構成するのに対し、合衆国では、連邦法と州法の二元性の下で51を超える法域が存在する。他の国々に比しても、極めて複雑で多層的な構造を有するに至っている。, 合衆国は、連邦制を採用しているため、連邦法 (federal law) と州法 (state law) との関係が問題になるが、両者は別個独自のものとされ、この二元性がアメリカ法の特徴となっている。, 連邦政府の権力は各州および人民から委譲されたものとされており、そのため、連邦議会の立法権は、合衆国憲法第1章第8節その他合衆国憲法に列挙された事項に限定されている。, 連邦法で定めることができる事項は、「諸外国、各州間およびインディアン部族との通商を規制すること」、「著作者および発明者に一定期間それぞれの著作および発明に対し独占的権利を保障することによって学術および技芸の進歩を促進すること」、「破産に関する法律を定めること」などであり、これに基づき、通商関係のほか、知的財産法、破産法などが主に規定されている。, 連邦法は、合衆国法典 という形でまとめられているが、合衆国法典自体は法律ではなく、単に制定法を系統的に配列したものである。, 合衆国憲法第6条は、合衆国憲法およびこれに準拠して制定される合衆国の法律ならびに合衆国の権限をもって、すでに締結されまたは将来締結されるすべての条約は、国の最高法規であり、各州の裁判官は、各州憲法または州法の中に相反するいかなる規定がある場合でも、これに拘束されるとしている。この条項により、「合衆国憲法が言及している事項についてはいかなる州も反することはできない」という連邦法の優位性が導かれた。, ここから、州法は、憲法・連邦法・条約に反してはならないとされる。また、憲法と制定法は、判例法に優先にするとされているので、合衆国憲法や連邦法、州憲法や州法による規定が存在しない場合は、コモン・ローが法源となり、それは今日も日々刻々と進化を続けていると考えられている。, 連邦法で定めることができるとして限定列挙された事項以外については、州または人民に留保され(修正第10条を参照)、各州は、各州の人民の信託に基づく強大な固有の権限(ポリス・パワー)を有している。, 各州はこの権限に基づき、それぞれ合衆国憲法とは別に独自の憲法をもち、それぞれの州憲法に基づき州の統治機構を定めている。例えば、州議会が一院制の州もあれば、二院制の州もあり、その他にも州議会の会期、裁判所の種類・名称、訴訟手続、裁判官の任命方法が異なっている。各州の統治機構が異なる一方で、州の憲法の内容は、合衆国憲法とほぼ同じである。人々はむしろ、より詳細で条文数も多い州憲法の方が、合衆国憲法より自州の市民に寛大な権利と特権を付与していると考えている。, 各州議会は、「各州が条約を締結すること、貨幣を鋳造すること、私権剥奪法、遡及処罰法あるいは契約上の権利義務を損なうような法律を制定すること、貴族の称号を授与すること」など合衆国憲法第1章第10節が州法で定めることを特に禁止した事項以外について、広範な立法権を有している。, そのため、日本において刑法、民法ないし商法[3]、会社法と呼ばれる重要な法律でさえ、アメリカでは、州ごとに州議会によって州法が制定され、州ごとに州裁判所によって判例法が形成されているという状況にある。当然にその内容も異なるため、事前に十分な調査が必要とされている。, このような状況は、あまりに法的安定性を害することから、民間から各州における規定の整合性を図る運動が起こり、1923年にアメリカ法律協会 (en:American Law Institute) が設立された。同協会は、アメリカ各州の判例法の現状を分析し、おおよその共通事項を、契約法、不法行為法等の各法分野ごとに法典の形にして注釈をつけた本を発行するリステイトメント事業を開始した。リステイトメント自体は法律ではなく、第2次資料 (secondary sources) にすぎないものの、判例においてしばしば引用されるなど高い信頼と権威を得ている。, また、同様の見地から、1952年には、アメリカ法律協会と アメリカ法曹協会 によって組織される統一州法委員会全国会議(en:National Conference of Commissioners on Uniform State Laws:NCCUSL)が、統一商事法典を制定した。ただし、これは法律ではなく、単なる法案モデルであって、実際に州議会で議決されて初めてその州における法律になる。議決に際して、法案モデルの条項を修正すること自由とされており、その例も決して少なくない。, 以上のとおり、合衆国においては、州の権限は決して小さなものではなく、憲法に反しない限り、各州は自由に法律を制定することができる固有の強大な権限を有するとされている。この点が日本における憲法第94条に規定された、地方自治体の条例に対する国の法律の優位関係と根本的に異なっている。, 合衆国憲法は、政治的な妥協の産物であり、連邦法の優位が認められる合衆国に規定された事項を、誰が、どのように判断するのかという問題について規定する条文がなかった。, 合衆国憲法制定当初は、合衆国憲法に規定された事項については連邦法が優位するものの、それ以外の事項については逆に州のポリスパワーが優位するとされ、連邦の権限は限定的なものと解され、特に南部の州ではこのような考えが強かった。, しかし、連邦最高裁判所は、1803年のマーベリー対マディソン事件判決で、連邦最高裁判所が合衆国憲法の最終的な有権的解釈権を有し、合衆国憲法が人民に保障した権利を州法が侵していると判断した場合には、その州法を違憲無効とすることができるという考え方を示した。, その後、連邦最高裁判所は、この違憲審査制によって合衆国憲法に規定された契約条項や州際通商条項の解釈を通じて徐々に連邦の権限の拡大を目指すようになる。, もっとも、1819年のマカラック対メリーランド事件判決によって、合衆国銀行が合憲と判断された後にアンドリュー・ジャクソン大統領は、憲法の有権的解釈権は、裁判所のみが有するものではなく、大統領および立法府も有しているとして合衆国銀行の免許更新を認める法案の署名を拒否して連邦最高裁判所の判決を無視したことがある。また、1832年のウースター対ジョージア州事件判決によって、二人の宣教師を逮捕した根拠となるジョージア州の州法が違憲とされた後もジョージア州当局は二人の宣教師を釈放せず、連邦最高裁の判決を無視している。このように、違憲審査制が確立されるまでの道のりは決して平坦なものではなく、衝突と対話を繰り返した結果であるといえる。, 合衆国憲法第1章第10節は、「州議会が契約上の権利義務を損なうような法律を制定すること」を特に禁止しており、これを契約条項という。, 1819年のダートマスカレッジ対ウッドワード事件判決は、民主党系の知事と州議会がダートマス・カレッジの理事を12名から21名に増員する州法を成立させ、連邦党系の理事を追放しようとしたものであるが、植民地時代の英国国王が2名の理事に大学の経営を永遠に任せると規定した勅許状を契約にあたるとして違憲と判断した。, しかし、契約条項は、連邦にとって、州の強大な権限に対抗するための武器としては十分なものとはいえなかった。, 合衆国憲法第1章第8節3項、いわゆる州際通商条項 (interstate commerce clause) は、州際通商を連邦法で規律できる分野として規定しているが、「州際通商」は解釈のしようによって広くも狭くも解釈できる不確定概念であった。, 1824年のギボンズ対オグデン事件判決は、州際通商を、複数の州にまたがる、あらゆる商業上の交流を含むものとして極めて広く解したので、州際通商条項は連邦議会の権限拡大の見地から有効な規定として広く利用され、これを根拠に多くの連邦法が制定されるようになった。, もっとも、州際通商条項は、連邦議会が制定する法律をすべて正当化することができるとまでは解されていない。実際、1935年にシェクター鶏肉加工社対合衆国事件判決では、鶏肉加工工場内の労働者の労働時間と賃金を規制する連邦法が鶏を生きたまま他州から仕入れているにもかかわらず、工場内の労働である加工と販売はニューヨーク州内で行っていることから、一つの州内のみに関わる事項であり、州際通商に当たらないとして違憲とされたことがある。, 以上のような連邦最高裁判所の判断を介した連邦の権限の拡大は、単に通商のみに限定されていれば特に問題は生じなかった。, ところが、 1857年に ドレッド・スコット対サンフォード事件判決で、ミズーリ協定が違憲とされ、連邦最高裁判所によって、連邦政府も領土政府も奴隷制度を禁止できないとの判断がなされると、奴隷制度の違憲をうたう共和党は政治的妥協の余地を失い、かえって奴隷制度についても南北の対立を助長する結果になり、各地で暴動が起こるなどして 南北戦争を誘発する一因となる。, 1865年に南北戦争が終わると、合衆国全土に鉄道が引かれ、州を超えた商取引が活発となり、著しい経済発達を遂げるようになる。このような社会の変化は、むしろ各州の伝統的な慣習を尊重するより、全国的な共通市場の確立およびより大きな自由の確保を求めるようになったが、当時の政府は、このような問題を解決する能力を持たなかった。前述したリステイトメント事業のように各州間の法の統一運動ですら民間から起きたいわば下からの革命に頼らざるを得なかったのである。, 連邦最高裁判所は、司法権の政策形成機能を重視する立場から、積極的にこの問題に対処しようとするようになる。そのきっかけとなったのが、「いかなる州も正当な法の手続によらないで何人からも生命、自由または財産を奪ってはならない」と規定する憲法第14修正のデュー・プロセス条項の導入である。連邦最高裁判所は、1897年にレーガン対農民信用金庫事件判決によって、合衆国憲法修正第14条は、単に手続の適正を保障するものではなく、手続の内容の適正までを要求するものであるとの実体的デュー・プロセスの考え方をとり、テキサス州の鉄道委員会の設定した運賃を適正手続が保障する財産権を侵害するものと解して、違憲と判断したのである。, これまで見てきたとおり、合衆国は、強大な権限を有する州と連邦が衝突を繰り返しながら、徐々に連邦の権限を拡大してきたという歴史を有するが、その際、法の支配の下、合衆国憲法の解釈を通じて連邦と州の調停者としての役割を連邦最高裁判所が果たして来たのである。このことが正にアメリカ法が英国法を継受しながらも独自の法体系を有するに至ったゆえんである。, 以上のような歴史を有する合衆国の司法制度は、他の法制にない次のような特徴を有している。, 合衆国では、多種多様な紛争を解決する必要という実需に答える形で、各州で、民間から自然発生的に生じたロースクールによって法曹教育が行われたという歴史を有する。裁判官、検察官に任用についても、特別な教育を施すのではなく、民間の弁護士から採用するという法曹一元制をとり、英国と異なり、法廷弁護士と事務弁護士を区別しない制度をとったが、その結果として、90万を超える法曹人口と高度な法廷技術の発達を促した。, 合衆国憲法修正第5条は、死刑または自由刑を科せられる犯罪について刑事事件における大陪審の審理を受ける権利を、合衆国憲法修正第6条は、刑事事件における小陪審の審理を受ける権利を、合衆国憲法修正第7条は、係争の価額が20ドルを超えるときの民事事件における陪審の審理を受ける権利を保障している。陪審制の母国である英国においては、様々な理由から陪審制が衰退しているのに対し、合衆国では、多くの法曹人口に支えられ、現在でも広く活用されている。, この陪審制は、当事者主義、直接・口頭主義、集中審理等の裁判手続に重大な影響を与えているが、法律専門家でない一般人が合理的な判断ができるように発達したものとして、民事事件と刑事事件に共通して適用される証拠についての詳細な規則が設けられているのも大きな特徴となっており、特に 伝聞法則が広く知られている。もっとも、民事手続では、伝聞法則は緩和され、その例外が広く認められる傾向にある。, 合衆国は、連邦制を採用しているため、連邦裁判所(federal courts)と州裁判所(state court)の関係が問題になるが、連邦政府と州政府がそれぞれ独自に別々の裁判所を持つという二元的な裁判制度を採用している。, 連邦裁判所の権限は、合衆国憲法第3編第2節に規定された権限に限定されている。連邦法によってこの権限を拡張することは許されないが、逆に縮小することは許される。, 現在では、連邦法によって、(1)合衆国が当事者となる事件、(2)合衆国憲法、連邦法および条約の下で発生するすべてのコモン・ローおよびエクイティ上の係争事件(「連邦問題」)、(3)異なる2つの州に住む市民の間での訴訟である「州籍相違」(diversity of citizenship) 事件の場合が連邦裁判所の管轄とされており、知的財産や破産などが連邦問題に含まれる。, 連邦裁判所は、連邦地方裁判所 (United States District Court)、連邦控訴裁判所 (United States Court of Appeals) [4]、連邦最高裁判所 (Supreme Court of the United States) という3段階制(three-tier system)をとっている。, 州裁判所は、各州の議会が各州の憲法に基づき、州法によって、裁判官の具体的な権限や管轄を定めているので、裁判所の構成・名称も州により様々である。, 概括的に言えば、多くの州裁判所で、事実審裁判所 (trial court)、中間上訴裁判所 (intermediate appellate court)、最終審裁判所 (supreme court)[5]の3段階制がとられている州が多いが、中間上訴裁判所がない州もあり、連邦裁判所のように明確な3層構造になっているわけでない。, 1審の事実審裁判所は、比較的軽微な事件[6]や少年裁判所(juvenile court)、家庭裁判所(family court)のように特定の種類の事件を管轄する「制限的管轄権を有する裁判所」と、「一般的管轄権を有する裁判所」に分かれる[7]。, 制限的管轄権を有する裁判所では、治安判事が無給の名誉職とされる代わりに、正式な法律上の訓練の経験を一切必要としないものとされ、正式な裁判記録を作成しない簡易な手続きがとられている。治安判事が行い得る権限等は州によって異なっている。, 一般的管轄権を有する裁判所では、すべての州で裁判官に法律の学位取得が義務付けられているだけでなく、制限的管轄権を有する裁判所の判決についての上訴審理を行い、しかも改めて事実審理をやりなおす覆審制をとっていることにより手続の公正が担保されることになっている。州によっては制限的管轄権を有する裁判所の判決についての上訴審理を中間控訴裁判所が行うところもある。, 連邦裁判所と州裁判所は、それぞれ独立した関係にあり、上下の関係にあるものではない。, 州裁判所の事物管轄は、広く連邦裁判所の排他的な専属管轄に属しない事件に及ぶが、連邦裁判所の第一審として専属管轄を認めるのは、特許に関する事件や倒産に関する事件などさほど多くはないので、連邦裁判所と州裁判所の管轄は競合することもある。このような場合、いずれの裁判所に訴訟を提起するかは、原告が判断することになる。, 原告が州裁判所に訴訟を提起することを選択した場合、移送が認められる場合を除き、州最高裁判所の終局判決が最終的な判断となる。州最高裁判所の判決に不服のある当事者は、連邦最高裁判所に上訴ができるが、この場合、当事者の権利として上訴できるのではなく、連邦最高裁判所が裁量によって上訴を許可することとなっており、許可事由も州法が合衆国憲法または連邦法に違反していることが争点となっているときなどに限定されている。, 原告が連邦裁判所に訴訟を提起することを選択した場合は、若干複雑である。合衆国では、大陸法系のような民法に対応する形での民事訴訟「法」、刑法に対応する形での刑事訴訟「法」というものはなく、裁判所組織及び裁判手続に関する法律の中で、民事編と刑事編の規定が分けられており、法(Law)と手続(Produce)は区別されている。したがって、連邦裁判所での裁判手続(Produce)については、連邦法および連邦裁判所施行規則に従うが、実体法(Law)については、その管轄する地方の州法ないしコモン・ローに従うものとされている。1938年のイーリー鉄道会社対トンプキンズ事件判決以来現在に至るまで、連邦裁判所による、州を超えた合衆国全体についてのコモン・ローの形成は認められていない。, いずれにせよ、契約、不法行為、家族、相続、刑事事件など日常の大部分の事件は州裁判所で取り扱われ、または連邦裁判所で取り扱われる場合にも州法ないしその州のコモン・ローに従って解決されている。今まで述べてきた連邦の権限の拡大・強化にもかかわらず、各州は強大な権限を現在でも維持し、合衆国国民にとって単に裁判所といえば、自分が住んでいる行政地区にある身近な州裁判所のことを指すのである。, 各州は、州議会が一院制の州もあれば、二院制の州もあり、その他にも州議会の会期もまちまちである。, アメリカ法を理解するにあたっては、大陸法の国で当然とされている前提がそもそも異なる。, 大陸法では、公法と私法が区別されているが、アメリカ法では、そのような区別をするという発想がそもそもない。もちろん講学上の概念としては存在するのであるが、あくまで便宜上のものであるとされている。刑事法と民事法の区別、手続法、実体法の区別についても、全く同様のことがいえる。, また、アメリカ法において、制定法という場合、それらは単に無秩序な法律の集合体であり、第一次的法源である判例を補うものにすぎないとされており、これは制定法主義をとる大陸法において、判例が制定法のすき間にあたる部分を補充する機能を有するものとされていることと全く正反対の理解がなされている。したがって、アメリカの制定法を解釈するにあたっては、その条文を読んだだけでは理解できない暗黙の前提となる判例が存在する可能性がある。, 例えば、アメリカ法には、日本でいう民法(Civil law)という概念は存在しない。民事法典(Civil code)という概念は存在するが、それは契約法典、不法行為法典、財産法典という雑多な制定法の集まりにすぎず、体系性をもった「法」(Law)といえるのは、その法域、つまりほとんどの場合にはその州の裁判が行われることによって日々変化する判例法である。そして、日本でいう民法にあたるその判例法には、不法行為法で懲罰的損害賠償が認められているように刑法と同じ制裁としての機能を有しており、刑事法と理論的に峻別されていない。同様に、商法とも区別されておらず、商事法典は存在するが、商法は存在しない。さらに、合衆国には、行政裁判所が存在せず、通常裁判所の法に従うのが当然とされており、公法と私法を区別する実益は全くない。加えて、合衆国には、民法を実現するための手段としての民事訴訟法、刑法を実現する手段としての刑事訴訟法という発想が存在せず、裁判所および裁判所における手続法の中の民事編、刑事編という規定のされ方がされているのである。, 連邦の刑事法は、州と比べるとはるかに統一化され合理化しているが、州の刑事法は、州憲法に基づき、州ごとに制定されており、地方色が強い。, 連邦の刑事法の執行を職務とするのは、合衆国地区検事である。合衆国では、私人訴追主義をとる英国と異なり、フランス式の検察官制度をとっているが、英国と同様に法曹一元制をとっているため、検察官を弁護士と同じくアトーニと呼び、両者に本質的な差はないものと考えられている。検察官は、起訴不起訴の決定に極めて広い裁量を有し、日本と同じく起訴便宜主義がとられている。州の検察制度は、地方によって異なるが、大きく分けると、大都市型検察官と農村型検察官に分けることができるとされている。, 警察官が被疑者を逮捕するのには令状を必要とするのは日本と同じであるが、逮捕後は被疑者を直ちに治安判事の面前に引致しなければならない。治安判事は、逮捕の要件を審査し、要件があれば勾留するが、多くはこの段階で保釈が認められる。裁判所には、保釈保証業者のパンフレットが置いてあることが通常であり、よく利用されている。保釈中に被告人が逃亡した場合、被告人を連れ戻す専門の業者がおり、バウンティ・ハンターと呼ばれている。, 嫌疑の事実が重罪または軽罪に関する場合は、予備審問にかけられ後、大陪審に回され、被告人を公判廷に召還して罪状認否手続が行われる。この段階で、検察官の関与の下、いわゆる司法取引が行われる。, 被告人が無罪と答弁した場合、事実審理前協議を経た上で、陪審による事実審理が行われる。被告人において陪審審理を拒否し、裁判官による事実審理を受けることも可能である。陪審で有罪となれば、裁判官が刑の量定をするが、プロベーションを付けるなどほぼ無制限の裁量が裁判官に与えられているのが特徴である。, 契約法(contract law)は、州が制定法を制定し、州ごとに判例法が形成されている。各州では、契約法リステイトメントが重要な権威とされており、少なくとも商取引については州によって重大な違いはあまりないとされている。日本のような典型契約という観念はなく、契約は皆等しいものとして把握されている。判例を補完する制定法として特に重要なものに詐欺防止法がある。統一消費者信用法典によって消費者契約は特に保護されている。, 不法行為法 (tort law)は、州が制定法を制定し、州ごとに判例法が形成されている。個別具体的な類型に即して成立要件と免責要件が規定されており、各州の間の統一性を図る見地から発行された不法行為法リステイトメントは約1000条に及ぶ類型を定めている。第3次不法行為法リステイトメントは、各州の立法や判例において参照されているが、消費者サイトでなく、企業サイトよりの内容とされていて、各州の事情に応じて取り込み方に若干の違いがある。, 不法行為を故意責任、過失責任、厳格責任に分けて考察する見解もあるが、日本のような一般理論とは異なる。, 財産法(property law)は、州が制定法を制定し、州ごとに判例法が形成されているが、契約法、不法行為法と異なり州によって違いが大きい。主に不動産について規定しているが、我が国の契約にあたる贈与、賃貸借についても規定している。, 逆に、日本で物権とされている占有訴権は、侵害訴訟として不法行為法に規定があり、物権と債権に二分する構成ではなく、物的財産と人的財産とに二分する構成である。, 不動産についても、日本における登記のような制度はないので、不動産の売買は、売主と買主がそれぞれ弁護士に依頼して譲渡証書・権原証書の交付し、代金の清算をして完結行為(Completion)が行われて初めて売買契約が完了するコンベイヤンシング(en:Conveyancing)によってなされている。, 相続自由の原則が認められる現在の米国の相続法だが、イングランド法を継受しているために、人の財産関係はキリスト教精神との関係から一代で完全に消滅するとの建前により、遺産管理の主たる目的は死者のもつ債務の履行であるとされ、その法理は当然に死者の債務も債権も相続人に移転するとの態度をとらない。, イングランドでは(13世紀末ごろ)遺産は、相続人が死者の債務を全て弁済した後、遺言執行者に引渡し、遺言執行者が死者の意思により遺産を分配していた。また、この頃から相続人の死者の法律上の債務についての責任は、遺産の総額の範囲内とされ、現在の日本の限定承認に似た制度が「あるべき法」としてみとめられていた。, 合衆国各地域がイギリス植民地時代を終え、その慣習法を継受が終了した段階では、すでに相続人と遺言執行者の地位は逆転していたが、1830年の遺言執行者法(Executors Act,1830)を継受していないため、アメリカでは遺言執行者はコモン・ローの原則どおり、遺言執行者が明らかに遺言者の意思に反しているとされた場合以外は残余財産の所有権は遺言執行者に帰属するとの原則どおりとなり、遺言の執行に関して大きな権限をもつ。つまり、遺言執行者の法的地位は、死者の全ての財産関係の代表者、完全な管理清算機関である。また、遺言執行者と相続人は相互に干渉しないとの原則も受け継がれている。, 以上の経緯により、アメリカでもイングランド相続法の人格代表者制度(personal representatives)を採用しており、死者の意思たる遺言により、遺産の受託者的な遺言執行者は死者の意思たる遺言を執行する。なお、これらの建前は相続人を包括継承人として扱い、当然に遺産の財産権が相続人に移転するとする、日本、ドイツ、フランス、などの相続法と大きく異なっている。, もっとも、検認裁判では複雑な手続と費用が必要なため、これを回避する目的で、米国では、老若男女・遺産の多寡にかかわらず、多くの人が指定遺言執行者(Executor)か管財人(Administrator)が遺産の分与を執行する旨の遺言状を作成するのが通常であり、他に生前信託も大いに利用されている。, 米国では、州ごとに家族法が制定されており、その内容は州によって大いに異なり、判例にも相当の相違点がある。, 米国は生地主義をとっており、米国内で出生することにより米国籍を取得するが、一定の年齢までに国籍を選択し、二重国籍を解消しなければならない。出生は州ごとに管理される出生登録簿に記録されるが、日本における戸籍のような人ごとに出生から死亡までの婚姻、離婚などの全ての身分関係を記録するような制度は存在せず、身分証を発行するのが通常である。, 婚姻には、州の役場や裁判所の発行する婚姻許可証(marriage license)が必要であり、許可証の発行後一定の期間内に結婚式を挙げる必要があり、役場や裁判所でその事実が確認されて初めて婚姻登録簿に登録がされる。所定の期間内に結婚式をあげなければ婚姻許可証は失効する。, 2000年代以降、一部の州によって同性同士の婚姻、同性結婚(Same-Sex Marriage)を認めるようにもなる。2015年6月26日、合衆国最高裁判所は「法の下の平等」を定めた「アメリカ合衆国憲法修正第14条」を根拠に、アメリカ合衆国の全ての州での同性結婚を容認する判決を下した(9名の裁判官のうち同性結婚に、5名が支持、4名が反対、「オーバーグフェル対ホッジス裁判」も参照)。これによりアメリカ合衆国において同性婚のカップルは異性婚のカップルと平等の権利を享受することになった[8]。なお、同性婚の際の配偶者の姓に関しては異性婚と同様に同姓や別姓など様々な選択肢がある[9](詳細は「en:Same-sex marriage in the United States」参照)。, 一般に内縁関係と婚姻関係は区別されているが、一定期間の内縁関係を婚姻関係に準じて保護する州もある。, 離婚は判決によるのが原則とされてきたが、現在では協議離婚を認める州も多くなっている。1960年代以降は、判決による離婚では破綻主義の傾向が強くなっている。夫婦間に子どもがいる場合、離婚後の親権は共同親権が通常であり、面会交流権が認められているが、トラブルも多い。, ただし、伝統的な慣習であればどのようなものでもいいというわけではなく、「法」といえるためには、将来の予測が可能で誰にでも等しく適用されうる強制力のあるものであることが必要とされている。, 米国では、民事法(civil code)の対象は主に契約法(contract law)、不法行為法 (tort law)、財産法(property law)、相続法、家族法(family law) の五つに分かれるとされているが、日本と異なり、民法典と商法典の区別を明確に意識していない。むしろ商取引(契約)なのか、消費者契約なのかによって区別されている。, 日常的には巡回裁判所 (Circuit Court) と呼ばれることが多いが、これは控訴審裁判所が管轄区域内を定期的に移動し、審理を行っていたからである。, 最高司法裁判所 (supreme judicial court)、最高控訴裁判所 (supreme court of appeals) と呼ぶ州もある。, 治安判事裁判所 (justice of the peace court、magistrate court)、地区裁判所(district court)、郡裁判所(county court) 、都市裁判所(municipal court)、市裁判所(city court)、首都圏裁判所(metropolitan court)等と様々な名称で呼ばれている。, 記録審裁判所(Recorder's Court)、郡裁判所(County Court) 等と様々な名称で呼ばれているが、地区裁判所(District Court)、上級裁判所(Superior Court)と呼ばれるのが普通である。ただし、ニューヨーク州では、主要なものを最高裁判所(Supreme Court)と呼んでいる。, en:National Conference of Commissioners on Uniform State Laws, en:Same-sex marriage in the United States, An LGBTQ+ Couple's Guide to Name Changes After Marriage, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ法&oldid=80145391, 検認裁判は遺言の有効性と遺言執行者の遺産への権利を証明するために行われる、死者が無遺言の場合、もしくは遺言の中で遺言執行者を選任していない場合に行われる、英米法独自の相続手続きである。人格代表者制度(personal representatives)の建前から、死者名義の所有権のある財産で、共同所有(ジョイントテナンシーJoint Tenancy)や、トラストや契約によるもの以外は、死者との利害関係人との債務の清算のために、プロベートと呼ばれる検認裁判を経て遺産の分配が行われる。, 検認裁判(プロベート)では、死者が遺言を残していればその遺言が裁判所に提出され、遺言がなければ遺言なしの申請を裁判所に行い検認の手続きを開始させる。検認裁判は、(1)遺産管理人を任命する。(2)遺言書や遺言があればそれを裁判所が検分する(3)遺産の実質的な内容と価値の査定(4)死者の負債と租税の確認と清算(5)遺言があればそれに添って遺産を配分処分し、遺言がなければ法定相続人や国庫へ遺産を配分する。資産の内容は公開とされ、裁判所費用、弁護士費用、鑑定士経費などが、相続財産から差し引かれる。そのため、ある免責額(例えばカルフォルニア州法では10万ドル)が制度として、各州において定められている。, 遺産の相続先は、原則として死者の意思による。その為、人のみでなく、犬や猫(物)にも遺産の相続が認められる(遺言執行者の死者の意思の代理行為)。例外として、共同所有(ジョイントテナンシーJoint Tenancy)の場合は、生存者に当該所有権が検認裁判所の手続き無しで当然に継承される。, 夫婦の共有財産(コミュニティ・プロパティ、夫婦が結婚してから作ったと認められる財産)は、全て配偶者が相続できるが、遺言で共有財産の半分(死者の持分)を誰にでも相続させ得る(離婚している場合は離婚裁判で財産の分与は既に済んでいる)。法定相続分は、夫婦の共有財産でない場合は子と妻の立場は対等になる。, 遺言がない場合は、州法などによって相続人の範囲が定められており、その詳細は州によって異なるが、個人の意思(遺言)がない場合は、妻、子供、孫、曾孫、父母、兄弟姉妹、祖父母、叔父叔母従兄弟が相続人と定められ、関係者がいない場合は各州が収納する。, 以上のように清算手続を経てプラスの残余財産がある場合に相続人は初めて相続することから、故人(被相続人)の負債は遺産の範囲外であり、そもそも日本のように.


殲琴 ダウルダブラ Mp3, 鈴木保奈美 髪型 ドラマ スーツ, イギリス 昼食 定番, ファミリア 一人 で 食べる, 西武 川越 青雲 なぜ, ワイズテーブル 株主優待 ブログ, 将棋 ブログ 2ちゃんねる,
© Copyright e-produce 吉岡千絵のオフィシャルサイト All Rights Reserved. | 管理画面へ